« 乗り猫 | トップページ | 振り向き猫と猫キック動画 »

2012-09-18

自転車かごに乗せた猫

ブログランキング・にほんブログ村へ

2003年4月27日
朝散歩にて


030427_016_001

シロの顔がピンボケ気味です。^^;;

030427_013_01

あたりを気にしていますね。

030427_015_001

目でも鼻でも周辺に注意を払っています。

030427_016_001_2

030427_014_001

最後はちょっとまぬけ顔になってしまいました。

かごに乗せるといつも鳴いて騒ぐのですが
このときは鳴きませんでした。

何か気になる匂いが
していたのかもしれません。




いつもご訪問ありがとうございます。

あれから3ヶ月+1週間が過ぎました。

数日前にはシロが自宅に居る
リアルな夢をみました。
もちろん目が覚めればそれが
現実でないことはわかっているのですが。

約16年をともに生きた家族という以上に
最後の数年はいつもシロのことを
最優先に考えて生活していたので
それがなくなったからといって
すぐに切り替えるのはなかなか難しいです。

そして
缶詰を開ければ
『ああこんな音がすれば必ず鳴いて催促したな』
とか

魚料理をレンジで温めれば
『ああ匂いを嗅ぎつけてきっと鳴いただろうな』
などと折に触れて
シロの居た頃を思い出します。


9月も後半に入って
すっかり秋めいてきました。
猫肌が恋しくなる季節ですが
果たして猫の居ない生活が
今後も続けていけるか
まだ自信はありません。
少しずつ毎日を過ごしていきます。
ありがとうございました。


baniramamaさんが描いてくださいました。

« 乗り猫 | トップページ | 振り向き猫と猫キック動画 »

散歩」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
ひなママと言います。写真があまりにかわいくて拝見しました。そうですか・・・・今は亡きなんですねぇ。私は実は犬派ですが、猫もかわいいですよね。ペットロスの経験があるので、お気持ちわかりますよ。おまけに人間ロス(そんな言葉ないか)にまでなってしまい・・・本当にお気持ちわかります。少しずつ毎日を過ごしている・・わかります。わかります。どんなに辛くても、悲しくても、何事もなかったように日常があるんですよね。
少しずつ私もそう思って過ごしていますよ。また、お邪魔します。もしも、良かったら
図々しくアドレス載せさせてもらったので、こちらにも遊びに来てくださいね。統一性のないひとり言ばかりですが・・・ではまた

シロちゃんの体の輪郭(?)に沿って、白い毛がやわらかそうに立っていて、きれいでかわいいですねshine
自転車のかごの中でも、落ちついてる様子、度胸ありますね!
きっと、ジョージさんを信頼し安心できたのでしょうね。
いつかは、彼らを送ることになる私たち、
その順が逆ではいけないからと頭ではわかっていても、このあるべき別れを心は割り切れずやはり悲しいです。
でも、彼らが教えてくれた大きな深い愛を、自分の中でなにか良いものへつなげたり還元?していけたらと思います。私は、まだまだそこにいたりませんが・・・

私の猫は保護猫(子猫)ですが右足が不自由です(丹羽のカラスに襲われていた時に折られた可能性が)保護した時には折れていました。
保護と同時に病院にて処置して貰ったのですがすさんであしが棒になっていまいました。
そしてその不自由さから階段から落ちて完全に右足は粉砕骨折してしまいました。
私は別の病院に連れて行きましたが、道中激痛にて私の左腕を牙の根本まで刺していました。私は当然痛かった(血だらけ)のですが初期治療を誤った私の責任なのでおあいこでもいいかな?と思いこの猫の顔が自分の血で顔が真っ赤になってもそのままにしていました。
この時間が私とこの息子猫の絆が生まれた瞬間だと思います。
今、息子猫は今年で8年目を超える事が出来ましたが、腫瘍が出来る癖の様な物があり既に私が保護した時から四回もの全身麻酔手術を受けています。何とかここまでは良性腫瘍で済んでいますがやはり全身麻酔はこたえています。まだ若いと言われる事かも知れませんが体のダメージは相当なんですよね・・・。多分次に腫瘍が見つかった時には覚悟しないと無理だと思います。この度、シロちゃんの生涯を見させて頂き私も改めて見送る覚悟が出来た気がします。号泣しながら湧いた新たな決意です。
シロちゃんを失った事、大変残念でなりません。これからの日常でも鳴き声が聞こえた気がしたり、気配を感じて振り返る事、多数だと思います。当然その瞬間に心に抜けた穴の大きさに改めて気付き辛くなる事と思われます。時間は残酷にも進むだけですが、
主さんの心はシロちゃんと楽しく過ごして来た時間の余韻を味わって微笑みを浮かべれれる時間があっても良いのかと思います。そして気付けばそんな主さんの足元にスリスリする新たな存在があるのかも、と思ったりします。

大変、長文になり申し訳ありませんでした。御気分害したのであれば大変申し訳なく削除して頂いて結構です。

ひなママさんへ

ペットロスを経験なさっているんですね。
今はただ時間が過ぎていくのをやり過ごしています。
コメントありがとうございました。

puaさんへ

散歩中でも私が近くに居ることで
安心してくれていた部分は
あったように感じます。
まだまだつらいときもありますが
日々を暮らしています。
コメントありがとうございました。

せい(息子の名前猫)の主です。さんへ

大変なけがのもと保護され
腫瘍とも戦っているんですね。
1日でも長く飼い主さんと暮らせますよう
願っています。
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乗り猫 | トップページ | 振り向き猫と猫キック動画 »