« 紐でじゃれる猫(2005年4月12日) | トップページ | 初盆も過ぎて »

2012-08-12

ハーネスをしていた頃(2003年9月18日)

今日は静止画5枚。
2003年9月18日午前、散歩の様子です。

030918_012

自転車の後ろかごに乗せています。

030918_013

散歩のたびにここには何度も乗せましたが、
シロはあまり好きではなかったみたいで
落ち着きませんでした。

030918016_001

でもこの画像では大人しく
乗っているように見えるかもしれません。

030918_023

こちらは自宅近くのコンクリート塀です。
自転車かごに比べると落ち着いて乗っていました。

030918_022

近くで騒ぐカラスの鳴き声に
耳を傾けているようです。


散歩の変遷
【1】首輪など何もなし
   どこへ走っていくかわからない。他の外猫を見掛けると人間を置いたまま追いかけていってしまい捕まえるのに苦労しました。
【2】首輪&紐
   【1】と同様に外猫を見かけると首輪を自力で外して追いかけていってしまうことがありました。
【3】ハーネス&紐
   これでやっと人間がコントロールできる状態になりました。急に駆け出そうとしても自分の自由にはならないことを覚えてくれました。
【4】何もなし
   体力・足腰の衰えから人間の走るスピード以上で走り出すことはなくなりました。

シロにとってはどの状態が良かったか
今ではわかりませんが
同居人としてはいろいろ工夫していました。



毎月11日は特別な日になりました。
シロの月命日だからです。

最近は夢でシロの記憶がよみがえります。
ブラッシングをしながら背中を撫でていたこと。
飲み水を取り替えてシロに飲んでもらっている様子。
添い寝してくれていたときのシロの毛並みの感触など。

2ヶ月経ちましたが
あっという間だった
というのが正直な感覚です。
まだまだ慣れませんが
少しずつ少しずつです。

今日もご訪問いただきありがとうございました。



baniramamaさんが描いてくださいました。

« 紐でじゃれる猫(2005年4月12日) | トップページ | 初盆も過ぎて »

散歩」カテゴリの記事

コメント

そうなんです・・
少しずつ少しずつですよ・・

共感するところ多く、読ませていただきました。
私たちの人生に、きっと、縁あって出会ってくれた彼ら。
その存在は本当に大きく、だから悲しみも大きいけど、
本当に人間の心や感じ方を、豊かにしてくれましたよね。
彼らにとっても、きっと、通ずるところがあると信じますconfident

シロさん、ブルーの首輪が良く似合うね(^-^)

どんなに月日が建っても、一緒に大切に生きてきた
「おもいで」ではなく「今も心に生きている」

小さな子達だけれど、かけがえのない存在ですね。

ネコって愛おしい

シロさん、ブルーのハーネスがお似合いです。
お外に出られて楽しかったでしょうね。
ミリンはハーネスをしてお外に出したら、身体から外れて逃げました。捕まえるまで、夜中までかかりました。それ以来、お外禁止となりました(^^;)

夢にシロさんが出てくるのですね。羨ましいです。
まだ、2ヶ月ですものね。まだまだお辛いことと思います。
わが家も1年8ヶ月が過ぎました。
時が経つのは早いですが、その早さに心がついていけません。
少しずつ少しずつ・・・お互いに頑張りましょうね(*^^*)

ユーミンさんへ

そうですよね。
ありがとうございます。

puaさんへ

puaさんのお言葉に
あらためてハッとしました。
そうなんです。出会った猫によって
それまでなかった感情や考え方にも
大きな影響を与えてくれました。
そんな見方に気づかせていただいて
ありがとうございます。

mamachyさんへ

ハーネスを選ぶとき少し迷ったのですが
やっぱりブルーかなと。

そうですか。
ミリンちゃんそんなことがあったのですね。
私も何度かシロを追いかけました。
それほど遠くには行かなかったので
すぐに捕まえられましたが。

時の流れを静かに感じていきます。
ありがとうございます。

ちまさんへ

そうなんです。
まさに私にとって
シロは“今も生き続けている”
そんな存在です。

これからもずっとそうなる気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紐でじゃれる猫(2005年4月12日) | トップページ | 初盆も過ぎて »