« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の投稿

2011-01-30

歩く猫

久しぶりに昼間の散歩です。
冒頭から鳴き声が入っていますので
再生の際はご注意ください。


枯葉の束のにおいを嗅いでいました。
こういうことが出来るのも散歩ならではの楽しみです。

まだまだ体重は増えないですが、食欲があるのが救いです。
散歩も行けるときはなるべく出掛けて体力回復してくれるよう
勤めます。





Click_ban_0073

バニラママさんが描いてくださいました。

2011-01-26

身軽になった(1月26日)

口から食べ物や飲み水を取れるようになったので
昨日、カテーテル+カラーをはずしてもらいました。
まだ目や鼻、口の周辺は荒れていますが数日で
治る見込みです。

以下の動画は本日UST生中継した際のアーカイブです。




缶詰(Zeppin)を少しすり潰して出したら食べてくれました。(4分49秒)




飲み水を軽快なテンポで飲んでいます。(2分15秒)





食後は陽射しを浴びながら“にゃんモナイト”になりました。(1分22秒)


日に日に以前の状態へ戻りつつあります。
まだ体重は3.7kg前後なのでまずは4kg目指します。

正直、今回の体調変化には情けないくらい冷静さを
欠く場面がありましたが、そんな時皆さんからのコメントに
大いに勇気づけられました。心より感謝いたします。
今後も見守っていただければ幸いです。




Click_ban_0073

バニラママさんが描いてくださいました。

2011-01-22

食事中

昨日から少しずつではありますが普段食べている
ドライや缶、パウチの食事を口にしてくれるようになりました。

これは抜歯手術後の痛みが無くなってきたこと。
そして、流動食+飲み水+飲み薬投与の効果が
現れてきた証拠だと思います。

そして何よりご覧の皆さんのご声援のおかげです。
本当にありがとうございました。

これからも気を緩めずシロさんへのヘルプを続けていきます。

次回の通院予定は日曜日です。
カテーテル+カラー取れるようになればいいのですが。



Click_ban_0073
バニラママさんが描いてくださいました。

2011-01-20

ひなたねこ(1月19日)



昨日は日向だと22℃超えてました。
上はUSTで生中継したアーカイブです。
陽だまりでくつろぐシロです。

おおむね状態は変わりません。
口からはなかなか食べてもらえないですが、
定時の流動食とその合間の飲み水、朝晩の
投薬など今出来ることを徹底的にやります。




Click_ban_0073
バニラママさんが描いてくださいました。

2011-01-17

流動食2日目になりました

Dscf0565_001

流動食2日目になりました。
昨日の病院での皮下点滴と流動食+水補給の効果でしょうか。
明らかにシロのからだがふっくらしてきました。

写真は『おなかが膨らむと猫も眠くなる』の図です。

その他の状態は昨日とあまり変わりませんが、
しっかり栄養とってもらえるよう続けていきます。

応援コメント励みになります。
本当にありがとうございます。


追記(2011/01/18 07:17)
今までできるだけ人間の写りこんでいる画像は
公開を避けてきましたが、この際なのでお許しください。

Dscf0580_001

人間の足の上もシロのお気に入りの場所です。
よく寝息をたてて熟睡してくれます。
でも足がしびれるので1時間が限界かな。
仕方なく降りていただきます。




Click_ban_0073
バニラママさんが描いてくださいました。

流動食を試します

1月16日(日)、病院でした。

水も食べ物も自らは取らなくなってしまった状態を考えて
鼻から差し込んだチューブを通して胃に直接流動食を入れる
措置を取ってもらいました。


Dscf0558_001_2

お世辞にも見た目はよくないですね。
シロも初のエリザベスカラーと鼻から差し込まれたチューブを
気にする素振りも見せましたが時間がたつにつれ少しずつ
慣れてきたようです。

はじめこの処置に関して私は拒絶するつもりでした。
しかし他の猫ちゃんのケースを獣医さんからうかがったり、
今のシロの栄養摂取が足りない状態を一番近くで見て知っている
立場から1度やってみることにしました。
昨年9月末で4kgあった体重が今では3.5kgまで落ち込んでいます。
背骨も張り出てゴツゴツします。
これで体力が回復して自分で口から食べ物や飲み水を取ってくれる
ようになればいいという希望的観測です。

まずは一週間、続けてみて様子を見ます。
病院でも入れてもらったおかげで帰宅してからは
目に見えて元気が出て来たように感じます。
感じるだけかもしれませんが(汗)。

Dscf0554_001

いつものように私の布団の中央で手を枕に寝てくれます。
このまま添い寝になりました。病院はどうしても疲れるね。


皆さんのコメントのひとつひとつに勇気をいただいてます。
本当にありがとうございます。

具合が悪くなるとすぐに悪いことを考えてしまい
たくさん涙が出ましたが、わずかな希望の光が差して
きました。今後も見守っていただければ幸いです。



Click_ban_0073
バニラママさんが描いてくださいました。

2011-01-15

シロさん 謹賀新年

皆様、今年もよろしくお願いします。

シロは去る1月9日(日)に抜歯手術をしました。
画像は全て手術後、1月12日(水)に撮ったものです。

Dscf0477_001 

シロは高齢猫のため、もともとほとんどの歯は抜け落ちて
大きな犬歯2本と小さな歯1本の合計3本だけが残っている
状態でした。その残った歯も健康な状態ではなかったので
掛かりつけの獣医さんには以前から全ての歯を抜くことを
すすめられていたのですが体力的に全身麻酔に耐えられるか
と歯を抜いたあとの体力の低下を心配してなかなか
踏み切れずにいました。

そうこうしているうちに昨年、2本の犬歯のうち1本が
歯の途中から折れて取れてしまいました。
残った歯の周りは炎症を起こして赤くなるし
シロも随分気にしていて食欲も低下してきたので
年明けに思い切って全ての歯の抜歯をお願いしました。

Dscf0487_001

人間の布団の上で落ち着くシロ。(1月12日(水)撮影)

Dscf0502_001

ちょっと無理を言ってアップで。(1月12日(水)撮影)

手術後、2日目、3日目は少ないながらもドライを食べ、
水を順調に飲んでいたのですが

1月13日(木)夜からエサも水も受け付けなくなり心配になって
1月14日(金)病院へ行き点滴など処置をしてもらいましたが
1月15日(土)早朝現在、回復の兆しは見受けられません。

それでもスーパーの開店時間を待って
シロが食べられそうなものを買いに行こうと思います。



Click_ban_0073
バニラママさんが描いてくださいました。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »